はじめて賃貸物件を借りる人にとっては「保証人」を立てるのは面倒ですね、保証人制度とはどういった制度でしょう。

賃貸物件を契約する際の保証人について

賃貸物件を契約する際の保証人について

賃貸物件を契約する際の保証人について

賃貸物件を契約する際の保証人について
賃貸物件を借りる際には様々な書類の提出を求められますし、様々な手続きが必要になり、はじめて物件を借りる人にとってはわからない事が多いと思います。そこで賃貸契約に必要な手続きの中から、「保証人」に関して調べてみました。まず物件を借りるという事は、時期が来たら返還するのであくまでも一時使用です。借りた部屋に対する対価として家賃の支払いが求められ、なるべく貸し出す前の状態に近い状態で返還される事が望ましくなります。不動産業者や大家にとっては家賃がキチンと支払われる事、部屋を綺麗に使用してもらう事がもっとも大切な事になります。

借り手が何かの事情で家賃の支払いが困難になってしまっては不動産業者や大家にとっては大変こまります。そこで借り手が家賃を支払えなくなった時に、代わりに家賃を支払う人物を契約当初から設定してもらうのです。これが「保証人」になります。保証人は借り手の親や親戚、兄弟など借り手の身近な人物がなる事が好ましいですが、そういった親戚が友人がいない人が保証人を探す時に利用するのが保証会社と呼ばれる企業です。保証会社と契約してあれば、借り手が支払い不能になった場合家賃の保証を受ける事ができます。昔は保証人を求める大家が多かったのですが、最近では大家や不動産会社から保証会社との契約を求められる事が増えているようです。


Copyright(c) 2018 賃貸物件を契約する際の保証人について All Rights Reserved.